MENU

黄斑変性症と発症数の増加

 

黄斑変性症は発症する人が近年増加傾向にあります。
それと同じで飛蚊症を発症している人もまた多いわけです。

 

この飛蚊症はいくつかの原因が考えられています。
その1つとして加齢があります。

 

加齢が原因となる飛蚊症は、生活に支障を来さない程度であれば治療をする必要もありません。
経過観察をしていれば問題ないわけです。

 

また、先天的なことが原因となっていることもあります。
生まれた時から硝子体が濁っていて、飛蚊症の発症に繋がることもあります。

 

というのも、胎児の頃に眼機能が十分に成長しておらず、硝子体が濁ってしまうようになるのです。
生活に支障がない程度であれば経過観察となります。
飛蚊症は大きなストレスの元となりますので、早い段階でカウンセリングを受けるようにしなければなりません。

 

後部硝子体剥離も飛蚊症の原因になります。
加齢、近視の原因となっているのもまたこの後部硝子体剥離であるといわれているのです。

 

網膜剥離を引き起こしてしまうこともありますので、場合によっては手術を行う事になる場合もあります。
どちらにしても、黄斑変性症をどのように治療するかは医師と十分に相談をしてからにしてください。
そうすればより良い治療を受けられるはずですよ。